シルクパウダー コム

 
  特定商取引法に基づく表記  
HOME 5%ポイント還元 ご利用案内 お問合せ 会員ログイン
 
 
   シルクパウダーの詳細な成分・分析値





品名 丹後シルクパウダー100%
内容 絹たん白加水分解物
原材料 シルク100%
内容量 100g
原産国 日本


シルクパウダー成分表
絹の主成分『フィブロイン』のアミノ酸成分(単位%)とアミノ酸の役割
アルギニン 1.0 インシュリン、成長ホルモンの分泌を助ける。コラーゲンの形成、怪我の回復を助ける。免疫系にも関与。
リジン 0.5 筋肉組織の合成に関与。抗ウイルス作用あり。コラーゲンの形成に関与。
ヒスチジン 0.3 皮膚で紫外線を吸収。貧血の治療などに用いられる。自己免疫疾患の治療にも使われる。
フェニルアラニン 1.2 チロシンの前駆体。学習、記憶などに関与。うつ病の改善に使われることもある。
チロシン 10.0 気分を高揚させる効果あり。ドーパミン、甲状腺ホルモンなどの前駆体。
ロイシン 0.7 筋肉タンパク質の分解を抑え、エネルギー源として使われる。皮膚や骨の損傷を回復する。
イソロイシン 0.9 ヘモグロビンの生成に関与。筋肉のエネルギー源として使われる。寝たきりの人などに、筋肉の消耗を防ぐために投与される。
メチオニン 0.2 システィンの前駆体。肝臓の解毒作用に関与。組織再生も助ける。
バリン 2.7 脳の神経伝達物質に関与。筋肉に取り込まれる。
アラニン 27.7 タンパク質からエネルギーを得る際の化学反応過程で重要な役割をする。免疫系にも関与。
グリシン 35.5 他のアミノ酸合成を助ける働きがある。ヘモグロビンや、エネルギーを合成する酵素の材料になる。鎮静作用があり、精神病などに使われることもある。
プロリン 0.4 心臓の筋肉の合成に関与。筋肉のエネルギー源としても使われる。コラーゲンの主要な要素。
グルタミン酸 1.6 脳の代謝や他のアミノ酸の代謝に関与。また、さまざまなアミノ酸の前駆体になる。
セリン 13.5 エネルギー合成に必要。肌の保湿にとても良いとされている。脳の活動に大きく関与する。免疫系にも関与。
スレオニン 1.1 肝臓への脂肪蓄積を予防する働きをする。
アスパラギン酸 1.8 炭水化物を筋肉エネルギーに変化する過程を補助。免疫系にも関与。運動後のアンモニア量を抑える働きがある。
シスチン 0.5 からだの抗酸化作用を助ける。皮膚や髪の合成に関与。白血球の活性を高める。免疫系にも関与。
トリプトファン 0.4 鎮静作用をもつ神経伝達物質セロトニンの前駆体

試験項目
分析値

 乾燥減量

6.0 %  

 T - N

9.8 %  

 粗灰分

0.7 %  

 塩分

0.1 %以下


 

pict2.jpg(3285 byte) 丹後産シルクパウダー100%
1,580円(税別)
■内容:絹たん白加水分解物
■原材料:シルク100%
■内容量:100g
■製造国:日本

line2.jpg(1029 byte)

チェックポイント1
まずはじめに、シルクパウダーとは

チェックポイント3
もっと詳しく、絹とシルクとセリシンについて
line2.jpg(1029 byte) line2.jpg(1029 byte)

チェックポイント2
シルクパウダーの詳細な成分・分析値

ご参照ください!
シルクパウダー 100%にお付けする説明書
line2.jpg(1029 byte) line2.jpg(1029 byte)

 
シーガルダイレクト

(C) シルクパウダー コム all rights researved.